教育問題は人事ではありません

国内の学校教育の教師の一日のスケジュールと論評

国内にある高校の公民の教師の一日のスケジュールの例として、朝の8時に高校の正門の前に立って生徒を迎える事から一日が始まります。
生徒からの挨拶にはうなずく対応をして、気にかけている生徒に対してはその場に応じたサインを送っています。
教師の立場から見れば、自然的な仕草として認知しています。
その後に生徒の関連の様々な打ち合わせを行って、公民の授業に入ります。
授業が終わった後に、学校の周りをバイクで走っている生徒についての他の教師からの相談を受けて、対応策などを示して、共に検討していきます。
その後に何人かの生徒が職員室に訪問した時に、訪問者の顔を見て、また職員室に来るという旨の発言を発して、教室に戻って言ったのです。
その後は、授業を行って、問題を抱えている生徒や欠席の生徒に関する相談を行って、校長先生と他の先生と協議をして、夕方の6時になっても残っている生徒の指導を行います。
論評としては、公民の教師は朝の挨拶に関して、生徒と向き合う時に生徒をホテルマンのように生徒の立場に立って迎える事から一日が始まって、戸締りをしている生徒への指導で一日が終わるという事です。
学習者の先輩と位置づけて、学習と人生を結びつける機会を生徒に与えて、学習意欲の刺激の増加につながったのです。
教育に関する相談や生徒への指導の役割としては、学校という生活の場合において、短いながらも確実に実行される事が特徴です。
公民の先生における教育の基盤における評価として、教職員に関する仲間との人間関係と公民の教師の学校の教育の相談における豊かな学校教育の現場の経験があって、高い能力がある事が評価された事です。
心理的な教育の援助サービスを支える学問として、学校心理学が注目されている中で、現在の多くの学校では学問体系として未熟です。
今後の学校の心理学を構築する上で、教育現場の人や教育委員会などが国内の心理的な援助サービスを見直す必要を求められます。